アパートを建てたい


大栄商事は、建築も得意としています。


大栄商事では土地の仕入れから、資産運用計画、設計施工、管理まで、一貫したサポートをさせていただきます。 土地家屋調査士、宅建取引主任者、建築士、施工管理技士、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、損害保険代理店資格など専門家が土地オーナー様の資産運用を強力にバックアップいたします。


「土地神話」が崩壊して久しい日本。土地は持っているだけで資産価値が増大した時代は終わり、いかにその土地を有効活用し、いかに収益を上げていくかを考えなければ場合によっては負債となる時代となりました。 しかし、やみくもに箱物を造るのでは意味がありません。その土地が持つ歴史、所有者のその土地に対する想い、そして資産運用として重要なのはその土地にはどのような建物や活用方法が求められているのか、これらの事を考慮して計画を進めて行かなければなりません。 また一方で、不動産に課せられる税金や、資産を引き継ぐ際の税金等に関しても将来設計として盛り込まなければいけません。 その土地に求められる建物の計画。そして、『資産を所有する』 から 『資産を運用する』 。 土地オーナー様の有効な資産運用をお手伝いさせていただきます。 土地の上でしっかりと事業を行うという意識が、強く求められるようになってきています。 事業とは、お客様が求めるニーズをくみ取り、商品に反映し、継続的な利益を生み出すという事を計画的に考えるという事になります。 時代の変化に適合し、長く愛される住宅を作っていくことが、安定的な収益につながります。 その土地が最も収益を上げてくれる活用方法は何かを考え、土地活用事業のパートナーとして、一貫したサポートをいたします。


マンション・アパート経営は、株や先物取引などと違い、投資対象としてはミドルリスク・ミドルリターンと言えるでしょう。 低金利が長く続く現在は、逆に低利のローンを利用することで、収益の安定を享受できます。 また、資産税の優遇、年金対策あるいは資産承継において、マンション・アパート経営は実力を発揮します。 収益性を保ちながら、節税や相続においてメリットが見出せる不動産経営のひとつとして、どの時代からも支持されてきました。 大栄商事では、行政書士が常駐しておりますので、相続に関するご相談も専門的にお答えすることが可能です。 遺言お手伝い 畑秀樹行政書士事務所のサイトはこちら


マンションアパート経営のメリット

賃貸アパート、マンションを建設する事により、土地と建物の相続税評価額を下げる事が可能になり、節税効果が期待できます。また、建物に借入金があれば、遺産総額からその額を差し引くことができます。 土地を所有していると、毎年固定資産税と都市計画税(都市計画区域のある市町村)がかかります。その土地に賃貸アパート、マンションを建てる事により固定資産税の軽減措置があります。 公的年金に対しての不安がぬぐえない昨今、アパート経営は老後の備えとして、毎月の収益源になります。 しっかりと管理する事により、年金以外のな収入を毎月得ることが可能です。